がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

大阪市立美術館「第67回大阪私学美術展」に行ってきた

f:id:yagi_ttm:20181026222343j:plain

本館では屏風絵展とか仏像、焼き物の展示とか。美術館て大体は撮影が禁止なので、「行ってきた」という事実以上に何か書けないのが残念であるなあ、と思う。仏像結構面白かったよ。

この展示会は撮影オッケーだったのでいろいろ撮りながら回った。

大阪市立美術館は来年1月までルーブル美術館展やってるので行くつもり。

スポンサードリンク

   

シャケと女の子の絵

f:id:yagi_ttm:20181026222406j:plain

セーラー服女子が生鮭の切り身の上に寝て腹の上にイクラを乗っけている。切り身は食べやすさが優先されたような形状をしてて(かつ実際と絶妙に違ってるような)、なんかこの人の捉え方が出ているような気がした。中心人物の周囲だけ何か浮いてるけどなんですかねこれ。

どういう基準で芸術を評価するのかよくわかってないんですけど、やっぱり「おっ」と思う作品って大体何か賞を受けてて、共通の「わかる」部分で評価してる気がした。

 

悪意を感じる女児の絵

f:id:yagi_ttm:20181026222800j:plain

「女児力」というタイトル。絵本感ある。そして、目の大きさの乱暴さや、全く身動き取れそうにないのに薄く笑った上に頬を赤くしてるこの子供から、描き手の悪意をすげえ感じる。後ろのうさぎにしても、若干暗い色を入れている感じから、この子どもは何か問題を抱えた子どものように見えて迫力があった。何か賞受賞してた。

 

インスタ中毒の絵

f:id:yagi_ttm:20181026223415j:plain

色使い素敵です。黄色の差し込み方苦労したんじゃんかろうか。中高生展、そんなに行くわけでないが、この年代のリアルな創作物ってやっぱりコミックやアニメが色濃いもんで、「洗練されたアニメ絵」の応募がすごく多かった。タイトルは「インスタ中毒」だけど、絵に描いたような若者っぽさを若者が絵にする際は、ちょっとその事象に関して冷めてる、という捉え方でいいのかね。

 

心に巣食う鬼の絵

f:id:yagi_ttm:20181026223829j:plain

アニメ一枚絵みたい。筋肉書きたかったんだろうな、とかクリーチャー感難しいな、とか思った。描きたさの勢いを感じる。人型かつちょい女性っぽい顔をしている分、わりと話わかるやつではないか。

 

うな重の絵

f:id:yagi_ttm:20181026224637j:plain

うなぎだ。肝吸いだ。つけものだ。うなぎがとてもうまそうという感動が伝わる。「これ3800円やで」とか親に説明されて余計「絵に残さんと」と思ったのかな。

 

ベッドで寝転がる高校生の絵

f:id:yagi_ttm:20181026224915j:plain

うますぎるやん。どうなってんの。電気つけてない感じとか、モデルさん左膝浮いててちょっと撮影時緊張してる感じとか、窓開けてるっぽいのにカーテン揺れてない感じとかすごいリアル。ベッドはこれ精神病院のやつですか。

 

タコの絵

f:id:yagi_ttm:20181026225101j:plain

タコやん。格好いいやん。

作者さんはその他の賞も取ってる、みたいな記述があったと記憶。

生きてるタコの絵描こうと思って、「目の周辺と足あたりは緑でいこう」「手前の吸盤も緑入れよう」ってなんで思えるやろうね。なんか理屈で基本色とかはスライドしていけそうな気もせんではないが、何も知らん人間からすると「すげーなー」としか思わない。あと、一匹だけのタコ足の配置じゃないから、この学生さんの「俺の描きたいタコ」はこのように迫力が必要なんだろうなと思った。このタコさんをプリントしたTシャツ売ってたら買う。ユニクロで発売してくれんか。

 

フラストレーションメガネくんの絵

f:id:yagi_ttm:20181026230015j:plain

今回の展示で一番好きだったやつ。

多分作者自身が、洞窟みたいなところで近距離で3人にガン見されている。作者は見られていることを気にしてないような表情してるっつーか、ちょっと色味変えてるところみると、作者の想像の中で見られてるような感じですかね。一人になったつもりでも、他人から逃れられない気持ち悪さがありますな。

この人にとって、求めていない注目は煩わしいのだと思うのです。

スポンサードリンク

   

その他雑多に

f:id:yagi_ttm:20181027233232j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233239j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233242j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233246j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233252j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233401j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233405j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233256j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233300j:plainf:id:yagi_ttm:20181027233306j:plain