がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

月間PV40のブログがGoogle Adsenseの審査にどうやって通ったの、の話

f:id:yagi_ttm:20181022203605p:plain

スポンサードリンク

   

 

アドセンス利用ブログおなじみの審査通過ハウツー記事だぜ

2018年10月18日、通りました。

2018年20月18日だったらちょうど20182018だったのにね。もし生まれ変わるなら1年が24か月のユニバースに生まれたかったですね。

ということで、オレっちもハウツー記事で参加するゾ!ブッ殺すゾ!(この段落不要)

 

利用申請の前提について

公開されているアドセンス利用の条件が以下。

support.google.com

  1. 他にはない魅力があるか
  2. 操作が簡単でわかりやすくなっているか
  3. 興味を引く独自のコンテンツがあるか

うひー、超曖昧。

そしてコンテンツポリシーに違反するサイトの例も以下に上げられています。

support.google.com

  1. アダルト コンテンツ
  2. 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  3. 危険または中傷的なコンテンツ
  4. 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  5. アルコールに関連するコンテンツ
  6. タバコに関連するコンテンツ
  7. ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  8. ヘルスケアに関連するコンテンツ
  9. ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  10. 報酬プログラムを提供するページ
  11. 不適切な表示に関連するコンテンツ
  12. 衝撃的なコンテンツ
  13. 武器および兵器に関連するコンテンツ
  14. 不正行為を助長するコンテンツ
  15. 違法なコンテンツ

タイトルだけ 一つ一つ見ていくと「ほな何書け言うねん」という話にはなってきますが、例えば「ゲームに関するコンテンツ」であるなら「オンラインカジノのようなゲーム」を禁止事項の代表に挙げていることから、恐らくリアルマネーを激しくやりとりするような、ギャンブル性の高いゲームが特にダメ、ということだと僕は思ってます。

つまり、PS4のゲームやって感動したからみんなもやろうぜ、といった内容はオッケーではないでしょうか。

 

審査にあたってのポイントの噂

利用条件を満たし、ポリシー違反がないという前提でも、審査に通過するためには、例えば以下のような噂がありました。

文字数には下限と上限がある(1000-3000程度?)

記事30以上

一定数のPV

開設後一定期間が経過している

画像使いすぎてたらダメ

動画貼りまくる記事はダメ

何かの記事のパクリとかすぐばれる

問い合わせフォームが必要

記事には目次があればベター

終わった(当ブログ)。PV、記事数、開設期間は確実にアウト。

とはいっても、本当にいろいろなブログでいろいろなハウツーが紹介されていて、当ブログよりもよりコンセプトが明確かつオモシロカッコイイ(CV:田中真弓)ブログなどでは「記事数11、各記事3000文字以上(過剰との噂)、だったけど速攻通ったよ」というような報告もあり、結局真相がよくわかりませんでした。

そもそもこれ、botで審査してるんやんね?僕みたいな物見遊山がうっかり申請するケースがあるわけだし、さすがに人じゃないでしょ?「魅力的なコンテンツか」等はいわゆる脅しであって、実際のところ数値化できないもの以外は気にする必要ないんじゃね?

 

当ブログは以下の有様で申請

日PV:5~15くらい

記事数:20(だったと思う)

各記事文字数:不定(1000~4000)

開設経過日数:14日(だったと思う)

画像:バリバリ使ってる。いらすとやにはなんでもある。

役に立つ記事かどうか:無理でしょ

コンテンツ不足とか内容がないとか、そういうことは後々書き足して補っていくとして、とりあえず早めに申請しとけと思って、ダメ元で申請。開設は9月初旬で、申請は9月半ばくらい。記事数は水増しじゃないけど、見た目上はなんとかしようと思って、思いついてはぽんぽん書いて増やした。

そのために、独自ドメイン(アドセンス利用に必須)を取得して、はてなブログpro申し込み(独自ドメイン利用に必須)もした。まあシャレになる程度の支出だが、後には引けねえ。

 

トラブル:全く審査結果のメールがこない

アドセンスアカウントページで「基本1日足らずで審査は終了するが、場合によってすごいかかるからメール届くまで待っててね」と表示されてたが、はてなブログについては数週かかるという噂もあったため悠長に過ごしながら待った。

が、待てど暮らせどこない。他ブログのアドセンス審査記事をつらつら見ると、お祈りメールとともにダメだったポイントを教えてくれるらしいので、「今のままの感じでエントリーを増やしてよいのかどうか」にも影響するため、駄目だったら駄目で早く結果がほしいところだったのです。

21日ほど経過したため、ぼちぼちしびれを切らしてグーグル先生にグーグルアドセンス先生のご機嫌伺いの方法について調べた。参考になったのはこちらの記事。ありがとうございます。

www.zubora-tsuma.comしかし本当、困りごとに対するアンサーが日々増殖してて震える。ありがたいんだけども。「何か誰か困ってやがらねえか、そして俺の知識で解決してやることはできねえか」とヨダレ垂らしてる感じ。わかる。ブログ始めるとそんな感じなる。

 

対処①申請フォームから確認する

docs.google.com

こちらから状況を確認することができるそうですが、ここから送っても更に返事がなく、機能していないという噂もあるようです。僕はしませんでした。

 

対処②一回キャンセルして再申請

上記ブログ記事がそのようにされていたので、自分も一度キャンセルして再申請しました。

キャンセルする際、フォームで「なんで申請辞めるの?金もらえなくなるよ?未払金とかない?よく考えてみ?」みたいな確認をしてくるのがしゃらくさかったです(ばりばり稼いでる人には当然の確認なんだろうが)。

 

スポンサードリンク

   

そして審査通過へ…(音の出るようなネタバレ)

f:id:yagi_ttm:20181022203605p:plain

再申請して3日後に掲載オッケーの通知メールが届きました。21日間はなんだったのよ。

再申請当時の当ブログの惨状。

日PV:5~80くらい(1記事なんか爆発した)

記事数:27(コンセプトの移行によって整理・リライト・削除などあり)

各記事文字数:不定(1000~4000くらい)

開設経過日数:40日(くらい)

画像:バリバリ使ってる。いらすとやさんありがとう。

役に立つ記事かどうか:立たんわバカタレ

問い合わせフォームは設置した

できるだけ記事に目次を作った

まず「PV数がないと駄目」「開設からそれなりに時間経過してないと駄目」っていう2つの噂はただの噂だと思いました

このブログ、9月のPVが全部で40程度で、その後も大幅に増えるってことは全く無かったので、この2点は考慮する必要はないと思います。後者はともかく、グーグル先生からすれば、どんだけ弱小だろうが掲載箇所が増える分には特に損ないもんな。

また「最低記事数」の噂は、「30以下でも全然オッケー」てことなんでしょうね。これについては内容を精査するに当たって、記事が短くて少なかったから良し悪しの判断がつかないのは当然であるためで、下限みたいなものはあると思ってます。まあ、「11記事で申請が通った」という話があったため、27記事で通ったことが記事数についての何か強い根拠にはならんかもですね。

「役に立つか否か」についてですが、このブログって、今もって「八木ががんばらずに生きたいと願って書く」以外に何か決まってるわけではないので、特定の読者を固く呼び込めるポイントってあんまないと思うんですね。とはいえ、見る人によって何か役に立つところがあると判断することもあんのかね。あんま後ろ向きに考えないでおこう。

審査結果メールがこなかったことが、当ブログが何かしらのコンテンツポリシー違反だったかどうかは、今も全くわかりません。審査結果メールが来ないケースはあるみたいですし、僕は多分関係ないと思っています。ダメならダメでとっとと落選メール出せばいいだけの話だし。無視する理由はないのでは。

 

再審査前に気をつけたこと

ギャンブルっぽいなと判断した記事は削除しましたし、過去に書いたドレッシングレビューの記事なんかは、アマゾンアフィから画像を引っ張ってきていることが「過剰な物売り」と判断されるかも、と予め下書きに引っ込めたりしました(通ってすぐ公開しましたけど)。

それから、僕はうっかり金玉めいたことやおちんちんライクな文字列を書きがちな人間ではあるため、その辺も抑えました。

「お問い合わせフォームの設置」と「記事の目次」は、発想にそもそも無かったので、審査通過のために明確に準備したことですね。ただ、この2点が功を奏して通過したのか、そうでもないのかはわかりません。

文字数なんかは、僕は特技が「文字数水増し」ってくらい文字を流し込むことはできるので、特に意識はしてませんでした。これも加点ポイントだったんですかね?

正直、結構気ままに書いて通ってしまいました。

お役に立てず、すいません。

 

まとめ

このブログでも通るぞ!コノヤロー!

オリジナルのちゃんとした文章であれば、通る事自体はどのブログでも大丈夫だと思います。少なくとも、記事数、開設期間、PVは気にする必要はないと思いました。

スポンサードリンク