がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

有吉ぃぃeeee!「DBFZ」感想:競技としてなんぼのもんか伝えにくそう

f:id:yagi_ttm:20181031120022p:plain

 

スポンサードリンク

   

e-Sportsってうさんくさい

 e-Sportsという言葉自体、僕自身は、それ以外表現しようがない(又はe-Sportsのために生み出された言葉である)ため、やむなく使用しているところがあるのですが、実際の所、予めe-Sportsになるべく設計されたタイトルはともかく、同好の士が集まって良くも悪くも楽しんでいた運動体を企業やギャンブル胴元マンがおおよそフリーライドしようとしている状態だと思っております。つまりしっくりきてません。

 Twitchやニコニコ動画だって、金を生む人気配信者を囲い込む意識が後々芽生えたにせよ、そこにあるゲームコミュニティと食い合わせがいいから活用されていたまでであって、「e-Sports(健全なツラ)」を生む・育むために誕生したツールではなかったと認識しております。

 

番組ではDBFZを特集

 出演者である有吉、アンガールズ田中、タカアンドトシは、番組で特集するタイトル「ドラゴンボールファイターズ」を事前にプレイしてくるようスタッフに要請されたようです。中盤でプロゲーマーのガリレオさんが出てきて、出演者がやっていることとの格差を見せてリアクションを取ってもらい…という構成で「凄さ」を浮かせるという狙いはわかるのですが、これって、全くプレイ経験のない人に真空波動拳のコマンド入力を見せて「プロゲーマーすごいでしょ」ってやってた、少し前の地上波ウメハラ特集の落ち着け方と、進歩はしていない気がした。

 僕も未プレイのゲームなので、なんとも感想が出てこないのですが、僕でもギリギリ知っている「投げ」要素の代わりに入ってる「ドラゴンラッシュ」についての説明すらなかったです。出演者が、自分で触って理解したゲームシステムについて話すこともありませんでした。

 そういう省略を行ったこと自体は、多分伝えるための工夫の末であるとは思ったんですが、勝てる人がなぜ勝てるのか、勝てることがどうすごいのか、e-Sportsがスポーツ化していくには伝える側のコストの高さも問題だと感じるところでした。

 

「凄さ」を伝えるのか「楽しさ」を伝えるのか

 楽しさに振り切るんだったら、気に入った見た目のキャラクターについて、基本的なコンボと始動技を当てるためのレクチャーをして、ネット対戦で実際に勝ってもらい、楽しむ姿を流すでもいいと思うし、凄さに振り切るんだったら、プロゲーマーが実際にプレイした試合について、何が行われたか、なぜ勝てるのかをちゃんと言葉で説明するだけでもいいと思います。

 野球はホームランだ三振だという、わかりやすい決着があって見世物として強度が高いわけですし、羽生名人がどれだけ勝とうが18時から民放で将棋中継はしてくれないわけです。ゲームは「ゲーム」ってジャンルじゃなくて、タイトルごとに見るところが違ってくるので、派手さに対してとても見世物になりにくいと思います。そして、格闘ゲームについても、全てのタイトルで見るところが違ってくると同時に、「格闘ゲーム」一般を触ってきた人間にとって、掴みやすい部分も確実にある分、映像を作る側って、どこに目線を置くかがすごい難しい。ほんで、大体作り手は格ゲーやってないからね。作り手が格ゲーを理解したうえで、目線をどのくらい下げるのか、試験も含めて戦略立てられたらいいと思うんですけど、なかなか難しそうですわね。

 今のところフジ系の「いいすぽ!」ががんばってる印象です。実況は読み合いには触れず、画面で何が起こってるかだけをポイントで説明しているのみにしつつも、キャラや必殺技についてはお勉強で頭に叩き込んでて、かなり高感度高かったです。

 ちなみに、NHK「プロフェッショナル」でウメハラが特集された際、大会でガイルがVリバーサルを出した映像に「絶妙なパンチで反撃を出した」とナレーションかぶせてましたからね。間違ってないんだけど、うーん、面倒くさいから「嘘つくな馬鹿」って言ってもいいと思う。

 と、いうことで、ぼちぼち地上波でe-Sportsを特集して、「真空波動拳の入力早いねすごいね」以上のことを編み出せなかったら、しっかりサブカルチャーとしてこじんまりしていくと思います。

 僕は正直、メジャーにならなくていいと思ってるんですけどね。ゲームってやっぱり、メインストリームではないと思うのです。e-Sportsって呼び名はうさんくさいよ。

 

スポンサードリンク