がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

King Gnuの飛行艇を聴いて思うことなど

 「白日」でちゃんと聴いた人間なので、King Gnuは「白日の人たち」というイメージであります。オールナイトニッポンゼロも聴いていません。

 僕が初めて「白日」を聴いたときって、YouTubeの再生数が100万満たなくて、それでも、なんかドラマの主題歌である、みたいな説明文を読みながら「へーこんなん流行ってんだなー」と思っていたもんですが、聴いてみると確かに、絶妙なぶっ壊れバランスな曲と思いました。和風ダシが強いし、むしろそれしか感じないのにソウルと混ぜて一点読みを通している感じといいますか。このバランスじゃなかったら、音符一つに発音一つのっけてねっとりミクスチャーやってるクソダサ楽曲になっているはずなんですよ。

 実際、クソダサの片鱗として、「真っ白に染めてさよなら」とか「正しいことばかり言ってらんないよな」とかCメロなんかもモタモタと日本語を詰め込み過ぎてるのと、1音ずつはっきり発音しすぎてるところとか、決して「ただ心地いい音楽」ではないと思うんですよ。歌い出しの「ときには~」からサビまでの部分も、こんだけヒップホップや的な歌唱法が出てきてる中で「フロウ」と呼ぶには全く洗練されてないと思います。はっきりいって、退化的と思いました。

 それでも、かなり意図的に音符と母音をかっちりと組み合わせて「歌っぽさ」をゴリゴリ押し付けて、あとはボーカルの綺麗さに倍音足したりして、リズムの軽やかさと「このスタイルに特化したメロディの癖」で、特にこの「白日」って曲は乗り切っていると思ったのでした。それも、かなり鮮やかに。まあ多分、メンバーのルックスもあるんでしょうな。シャレオツですからね、何せ。

 同時に、「このバランス以外で次の曲作れるんかしら」とド失礼なことを考えてると、次の「飛行艇」という曲はソウルっぽさがかなり消えて、バスドラの音に合わせて音符と日本語を乗せていて面喰らいました。

 

 歌い出しとかオアシスですやん。でも、オアシスのロンケンローみたいにドラムがバタバタしてるわけでもなくて、この曲でいえば「命揺らせ命揺らせ」みたいな、かつてはっぴぃえんどが通った『日本語でロックをやる無理』を、改めて令和のこの世の中に『それで成功なのか…?』と聞き手をやや不安にさせるガタガタとした歌唱で聴かせております。

 僕は「白日」を「本来クソダサになる曲がぶっ壊れバランスでそうならなかった曲」だと捉えていたわけですが、「飛行艇」ってこれ、トラックのソウルっぽさが消えてしまったことで、King Gnuが作家性として残したかった歌謡曲感がせり出してしまってるんですよね。「この時代に飛び乗って」っていう語感とか、かなりもっちゃりしてると思うのですが。ソウルと歌謡性を天秤にかけたら、King Gnuって、こっちをやりたかった方々なんだと初めてわかりました。こっから先は、ファンがこの好みに振り落とされるかどうかの問題ですな。

 コメントは、日本語はもちろん、海外からの英語コメントもわりとポジティブな内容のものがついていて、僕が面食らったような感覚の気配は感じませんでした。

 

 このタイミングで、YouTubeで聞けるMV付きの楽曲をすべて聴いてみたのですが、今年1月発表の「Slumberland」では、ループを使ったファンクのトラックで、90年代前半的な語尾キレイ揃え韻で歌詞を作っていて、すごく聞きやすいです。小節いっぱいに日本語を詰めているのと、それをあくまで歌メロとしてきっちり音付けて消化しているため、ラップ的なスムーズさはない、という点でやはり危うさがあるなあと思った。こっち方面での進化は、意図的に止めているんだと思います。

 でも、スムーズだから良くなるもんでも、スタイリッシュだからポップになるとかいうもんでもないからなあ。とにかく「Slumberland」でもそうだったけど、過去曲の中には英語も混ぜて、オール日本語カチカチ音符の弱点については自覚的であることがわかりました。

 そもそも、大体のMVで、歌詞をテキストで説明文に載せているという時点で、まーそういうことなんでしょうね。リズムよりかは意味を取ってほしい、という。

 

 と、同時にこの文章書いていると、「クソダサをギリギリでかわせているように見える、ということはひとくくりにハイセンスということでいいのかな」と、相変わらず音楽というものの「いいということ」と「悪いということ」がよくわかんなくなってくるのでした。