がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

コインランドリーの待ち時間24分徘徊しておる

f:id:yagi_ttm:20181207225422p:plain

 大金持ちなので、冬場になると乾燥機を利用しにコインランドリーを利用している。コインランドリーが徒歩3分圏内にあるので、洗濯が完了次第ゴミ袋にぶちこんで、サンタのように背中に洗濯物を乗せるかたちで運ぶことにしている。細かいこといいますと、僕の家のベランダは不思議な立地の影響を受けて、ほぼ無風になっておるため、特に冬場は一日干したって靴下も乾かんのです。夏場でも、曇りだったら、うっかり室内干ししたみたいな雑菌の香りがついてしまう。この家に生まれ落ちた時点で、洗濯物カーストで地べたを這いずることが決まってしまった。

 そんなわけで、大枚100円で8分、300円ぶちこんで24分間、「他に女がいてもいいの、あなたの時間少しだけ分けて頂戴」といい女が惚れた年下青年とアパートで情事にふけるような気持ちで乾燥機にコインをぶち込み、「今は何も言わないで」と人差し指を彼の唇にそっと充てがうのでした。

 要約すると、いつも24分間なにしてりゃいいのかわからんのでした。

 初めのうちには、24分間、コインランドリー内で持ち込みの本を読んだり、スマホをいじっていたりしたもんですが、コインランドリー利用者で「その場で完了まで待つ」ってわりと少数派なんですよね。みなさんせっかちだこと。車で来てる方は車に戻っちゃうし、下手したら家に帰ってるっぽい人もいるし。大体僕は、備え付けのベンチでただただ24分間座って「早く俺死んだらいいのにな」と考えるばっかりです。本だったら、集中し始めくらいで終わるし、ていうかそもそも、終わりが気になって集中できない。スマホを見るにしても、スマホでみたいものなんかそもそも設定してるわけじゃないし。あと「予めやること」を想定してコインランドリーに行くのって、それが面倒になってコインランドリーに行く予定を先延ばしにしたくなってくる。僕の性格上。

 24分間て絶妙に何もできない時間でして、「何もできないことを楽しもう」みたいな方向に持っていってた時期もあったんですけど、何もしないでおるってことは実は鍛錬というか、それ自体に集中力が必要で、「なにかする」ことに逃げないではおれないんですよね。滝修行とか、座禅とか、こういうところに差し掛かってるんじゃなかろうか。やっぱり面倒くさい。

 最近は24分間ただただ徘徊しております。

 24分間歩くって、結構歩き甲斐あるんです。そんで別に、行きだけじゃないからね。完了してあまりに長い間放置したら他の人の迷惑だもんで、帰り道を計算して徘徊しないといけない。12分間全力で歩いたら、12分間を同じスピードで戻らないと30分くらいかかってしまうから、当日の元気と折り合いつけて徘徊のペースを決める。同じコースだと飽きるので、『最低行きと帰りは全然違う道をたどる』というルールを設けて歩いております。その間はラジオを聞きます。コインランドリー内のベンチで座っている24分と全く違うタイム感で楽しいです(今の所)。