がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

靴はネットで買いにくい

 数年前に「靴がボロくなった」という理由で購入した靴(非オシャレ度MAXな理由)が雨風にさらされてみすぼらしくなったため、「靴を買わないとなー」と思って、数ヶ月経過している。 まあこういうこと多い。

 たかが靴とはいえ、草鞋を家で編むほど安価ではないわけで、数千円するもんなら最安値をネットで購入し、できたらポイントを得たいという気持ちがあるため、店頭では買わないことは決めておるわけです。小売店殺しですね。だったらとっとと買えや、と飼い犬をけしかけたい気持ちを喚起している最中申し訳ないが、ネットですっと靴を買うには難しい理由もありましてね。

 僕は、自分に最適な靴のサイズってのがいまいちわからんのですよ。

 今メインで履いている靴が26センチなのですけど、僕は30歳を超えてからこっち、ネットで適当に買った26センチの靴が全く合わないというケースが頻発しておるのです。どういうことか俺も知りたい。足が小さくなったってことですかい。革靴に関しては25.5センチがぴったりするし、でも今履いているアディダスは確かに26センチだしで、全然わからん。一時期履いてたニューバランスなんて、27センチだったこともあった。どれがいいのか全然わからん。

 先日DCのスニーカーをネットで購入する際「0.5センチ大きめをお勧めします」という記述に素直に従ったら、26.5がとても外を長時間歩けるようなサイズじゃなくて、玄関にずっと放置されている。『慣れるもんかな』と無理やり使用するうち返品できる状態じゃなくなって、ていうかネットの返品の敷居の高さも合わせて、結局諦めてしまった。

 よって、僕がネットで靴を購入する際は、小売店で試し履きし、サイズ感を確かめてからネットで購入するという、流石に何か良心の痛むムーブをしてネットで購入しないといけないわけなのです。

 結局実店舗を必要としてるのに、効率を求めると実店舗を殺していくムーブをせざるを得なくなってるって、よくないと思った。ポイントにしろカードにしろ配送にしろ購入時の利便性とか商品のラインナップとか、効率をつきつめた結果のネットショッピングなのに、それ自体に不便が発生するってなんでしょうかね。

 ゾゾスーツとかって、実店舗に行く必要をなくすための、かなり具体的で乱暴な一手だと思うんですけど、そのために「高額な測定器をタダ同然で配りまくる」って、やってることはすごく現実感あるんですよね。できたら、スマホにダウンロードしたアプリだけで、不思議な光線をくるくる浴びて全身のサイズ知りたいですやん。この人間の生身の不便さとか醜さは、効率を求める中で急に落差として現れるような気がしたわけです。

 そんなわけで、僕は靴をどう買ったらいいんですかね。

スポンサードリンク