がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

ドルツ(EW-DP51)を半年間使用した

f:id:yagi_ttm:20181002161807j:plain

スポンサードリンク

   

歯磨きは神が人間の基本設計をミスったんだと思うんだ

数年前に母親に進められ南雲吉則という人(30代に見える50代医師としてちょっと話題になってた人)の本を2冊ほど読んだことがあるのですが、『俺のように生活すれば俺のように若くみえるぞ』という本の骨子よりも、「人間は大体のことは放っておけば元に戻るホメオスタシスが働くんだから、鼻をほじらなくても鼻くそは出てくるし、耳垢も掘る必要はない、ただし歯だけは磨け(すげえ曖昧な記憶)」というような内容が出てきて「なんでやねん!なんで!やねん!」と本をバンバン叩いた記憶があります。

(しかも、「なぜ歯だけは例外なのか」の記述はなかったとも記憶している)

 

と、いうことで歯磨きが超キライである。

歯磨きを死ぬまでガシガシとやることに耐えきれなくなった僕は、金で引っぱたいて解決することにした。そう、僕はトヨタの御曹司としてこの世に生まれ落ちたらいいなあと日々思っている程度に金を持っているため、又は持っていないため、ドルツの上位モデルを購入することがやぶさかでなかったためである。

楽天で買った。2ヶ月迷った。

 

ドルツ上位モデル購入者として転生した八木

panasonic.jp

僕の購入したのは、EW-DP51(黒)です。

まず、「多少名のある電動歯ブラシ」って、4つあるんですね。

1. パナソニック ドルツ

2. フィリップス ソニッケアー

3. ブラウン オーラルB

4. オムロン HTシリーズ

僕調べなんで、「他にもあらあバカタレ」という方にはご教示いただきたいっす。まあ僕が買おうとしたときに、ざっと調べたら、大手メーカーはこんなところだった。

ただただ、今後一生虫歯になりたくなかったんです。

それぞれの商品の特徴はまじわかりませんが、商品説明を読むだに、全部虫歯に一生ならなさそう。どれ買ったらいいのか全然わかりませんでした。1~3に関しては、歯医者が推奨しまくってます。全部してます。ほんでせんぶ使用率No.1みたいな錯覚も得ます。

 僕がドルツに決めたのは「黒い感じ」で一番カッコよかったから。

素人にかかればそんなもんですね。

 

半年使用した結果

磨き上がりが明らかに手磨きよりツルツルしてます。

歯と歯茎の隙間とか、前面以外の磨きにくい場所に残ってる歯の汚れって、「それに気づきにくい」から放置されて虫歯になると思ってるんですが、ドルツ使い始めてからそういう部分の汚れもちゃんと取ってくれている気がします。

僕の歯は全体的にポンコツなので、半年普通に暮らしてたらほぼ確実にどっか虫歯になるのですが、ドルツで適当に朝晩磨いているだけで、少なくとも虫歯の診断は一回も下りていません(元から持ってる知覚過敏とかで歯医者にお世話になりましたが)。

これわりと画期的なことでした。

 

ただ、歯磨き粉つけてこのブラシの最上位機能の「W-CLEAR」を使うと、洗面台全体に歯磨き粉が散らばって大変なことになります。かなり激しい振動です。なんか、すごい理にかなってる複雑な振動で歯垢を取り除くんだってさ(ガッカリ感想)。

僕の場合は先述の知覚過敏を大変刺激する場合があるので、大体「SOFT」を使用しています。でも何もソフトなことはなく、しっかり落ちます。まじで落ちます。

 

先代のシステマ兄さん

f:id:yagi_ttm:20181002163235j:plain

ライオンのデンターシステマ音波アシストブラシ。そのへんのドラッグストアに2000円くらいで売ってるのが魅力。

こいつも全然悪くなかった、というか普通のブラシの手磨きより遥かに落ちる感じがあったんですが、懐古主義的にこの間久々使ってみたら、振動の弱さは少なくとも感じました。それで、やっぱり時間かけないと汚れも残ってる感じがします。

まあ値段1/10だからそら機能も抑えめですわな。責めてないよ。

まだ使えるってのに、出番なく洗面台のコップに刺さってるのはどうしたもんだろうねえ。

 

歯磨きというカルマから逃れよ

歯磨きを面倒くさいと思っている人間にとって、今後恐らく死ぬまでには、一日1~3回くらい毎日歯を磨かないといけないって、結構地獄だったんですね。

で、磨いた結果虫歯になってんのよ。定期的に。僕は奥歯上下で8本中6本銀入ってますし、全体で神経抜いた歯も2本ある。

そして、「歯並びが少し悪いので」「磨き方がよくないので」「例えばこういう薬剤/道具を使ってみては」と歯科衛生士さんが『くせえ不潔な歯だなオイ懲りずにまた虫歯になんのかまじおめえの頭脳虫だから虫歯になってんじゃねえの』という言葉の代わりにニコニコと説明をしていただけるわけです。

虫歯になったら歯医者の予約、超面倒くさくないすか。なんか当たり前のことばっか書いてるけど。大体土日はパンパンで、3週間後の土曜日の夕方に予約して、ほんでうっかり忘れたりもする。行きづらくなる。

治療、痛い。痛いという記憶が呼び起こされてストレス。もう音が痛い。謎の薬を口に突っ込まれて臭い。ゴム手袋が口の中に引っかかって不快。口ゆすぐときに出てくる水「これ清潔な水なんかな」って何か不安になる。歯医者さんに口の中見られたり、口のニオイをぶつけてしまうことに申し訳なくなる、など。

どれもこれも、神の基本設計がミスって歯が脆くなってることを除けば、とりあえず「虫歯にならない」ってことで解決はできるわけなんですよね。

と、僕は25歳くらいで思った。そしてある程度金使うようになった。

 

 

現在の虫歯予防

まずダイソーで買いだめしているデンタルフロス(70本100円)をかけたあと、ガム(またはシステマ)のデンタルリンス、その後ドルツでズザっと磨く感じ。

毎日手磨きしてるころは、「鉛筆を持つように(by歯科衛生士さん)」「歯のキワに軽く当て、細かくこする(by歯科衛生士さん)」「できればトータルで10分は磨きましょう(by歯科衛生士さん)」という掟を頑張って守った上で、年2回コンスタントに虫歯になるという悲しみがありました。

今は、今の所ありません。手磨きでやってた時間、手間が簡略化されることで、歯磨きをすること自体の抵抗感も落ち着きました(あるけど)。

 

まとめ

今後死ぬまで歯を磨くことを続けることを考えると、「手で磨かなくなることで失う何か」よりも、「金で解決することで毎日のストレスを軽減する」ことのほうが重要だと思いました。電動歯ブラシとてもいいです。まじ救われた。