がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

1000円カットでできるだけ失敗しないムーヴ

f:id:yagi_ttm:20181002235917p:plain

 

僕は髪を切るのが嫌いです。

切りに行くまでが憂鬱で、金と時間がかかり上に、完成形を見て「切らないほうがマシだったな…」と思うことがあっても「切って良かった」と思うことはほぼないからです。

「良いところに切ってもらえばいいじゃない」という考えもあるんですが、僕は、髪を切る一切合財が面倒だと思っておりまして、髪型を決めることから散髪のために移動することから金を払うところまでがもう面倒でして、「お気に入りの髪型になれば散髪が憂鬱でなくなる」というもんではないのです。まあ生きにくい体質。

諸々考えた結果、「一番近い1000円カットに1, 2ヶ月に一回行く」ということに今は決めており、もう3年くらい経過しています。

2000円のところとか、4000円のところで切ってた時期もありましたが、大体同じだったのでもう1000円カットで固定しました。

 

実際1000円カットってどうなんすか

QBハウス

クイックカットBB

サンキューカット

カットファクトリー

あたりが大手ってことになるんでしょうが、元祖のQBハウスのビジネスモデルを模倣してるところが基本なので、大体サービス内容は同じと思います。僕が行くところはクイックカットBBとQBハウスです。

1000円カット1000円カット言っておりますが、実際は1080円です。

ちなみにQBハウスは2019年2月より1200円に値上げします。全然いいです。

 

注文するのはどうすんの

僕はヘアカタログの切り抜きを必ず持っていきます。

美容師さんは「このように切ってほしい」と写真を渡されるとわりと気分が楽になる、と聞いたことがあるのに加え、僕自身もどこをどのくらい切ってほしいのかあんまりわかってないため「耳はどうしましょう」とか聞かれても、ベターな答えがないんですよね。

同じような方は、ヘアカタログの切り抜き、持っていきましょう。人によっては「写真みたいなハンサムになりたいってこと?整形しろタコ、思われるじゃなかろうか」という不安もあるそうですが、死ぬほど切り抜きを突き出される経験をお持ちの美容師さんはいちいちそんなこと思わんと思います。そして「思われたらなんだよ」と僕は思っています(解決しとらん)。

 

あと、今の所1000円カット店内でヘアカタログを置いてあったことがないので、お気をつけください。

 

QBはアプリで自分の髪型を撮影して記録できる機能を搭載しておるので、「前回の自分の髪型」をなぞりたい方は利用するのもよいでしょう。

www.qbhouse.co.jp 

もちろん、完成形を口で説明できる場合は必要ないですね!

 

切ってる間はどうすんの

当然シャンプーはなし。霧吹きで濡らしてすぐカットが始まります。

僕は、美容師さんに皮脂のついた髪を素手で掴ませるのが後ろめたくて、直前にシャンプーしていったりしてしまいますが、普通どういう準備をするんですかね(臆病)。こういう警戒心が散髪自体を面倒に思わせる要因だわな。

 

カット中は普通に注文聞いてくれますし、不明なことは確認してくれます。

ザッツ美容室的な世間話は、僕は全くしないのですが、向こうは回転数で売上を出しているので、多分世間話が長引くのはお店的に嬉しくないかもしれませんね。

 

終わり際はどうなんの

そのへんの美容室と同じように、仕上がりを確認して終了。

シャンプーは当然ありませんので、毛羽のついた掃除機のようなもので髪をなぞって切毛を吸い込みます。

が、はっきりいって超切毛残ります。服にも靴にも頭皮にも、顔面も切毛ぶっかかった状態で帰されます。なんぼコストカットの結果かもしれんけど、これから客前に行こうって人こそ髪切りたいはずなのに、髪掴んだらガの鱗粉みたいに切毛が指ついてパラパラ落ちるのは、ちょっとどうかと思ってしまいます。

一応、おしぼりとかくれたりしますが、全く追いつきません。

僕の場合は、近くのトイレに駆け込んで洗面台でできるだけ落としますし、無ければ路上でも影に入っていって髪を叩きまります。もちろん、用事がなければまず家帰ってシャワー浴びます。

 

品質的にはどうなの

1000円カットの美容師さんって、生え抜きっぽい方も当然おられますが、新興の産業だけあって、結構転職組が多い印象です。よって、親会社によって教育されてすぐ現場へ、という方も多いのか、若いシャレオツな「見た目で安心できる美容師」ははっきりいって少ないし、切り方も不安定だと思います。

僕は、前述の通りヘアカタログの切り抜きで毎回注文するんですが、どこで切っても全然仕上がりは安定しません。僕はすぐ諦めをつけますが、散髪の仕上がりでテンション変わる人からすると、そもそも1000円カットには行かないほうがいい、というのが正直な感想です

 

一度「短く」と写真見せながら注文してたところ長く残され、「もうちょっと切ってもらっていいすかね」とお願いしたら「写真通りだよ」拒否された、ということもありました。

いや、正直こんな一文でまとめたくないくらい衝撃の経験だったんですけど。そういう、「あんたの職業理解してんの?」と思うような方も居ました。

 

でも、教育システムがちゃんとしてるから、一番底辺のラインが揃えられている安心感があるのも確かです。僕のように自分の髪型の正解が未だにわかってない人間にとっては「マナーとして短く切る」という目的を1000円で達成してくれるだけでもう、ありがたいのです。

 


 

 

大体これ買っております。