がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

ラジオリスナー歴20年の人が現状聴いている番組

f:id:yagi_ttm:20180928111936p:plain

スポンサードリンク

   

 

激しくラジオ番組を聴いておる

リアルタイムってわけにはいかんのですが、RadikoタイムフリーやYouTubeに放流されている番組が多数あるので、むしろラジオリスナーにとっては時間と地域を超えてどっからでもいつでも聴けるいい時代になった気がします。

2017年のNHKの調査(PDF注意)によりますと、ざっくり「利用者は減りつつある」という、十年前からの体感となんも変わらん調査結果が出ているようです。

タイムフリーが始まってから、すべての番組にアクセスしやすくなってますし、堂々とおすすめはできませんが、ちょっと名のある人のラジオだったら、その日中にYouTubeにアップされていることが多いため、ラジオ番組へのアクセスは、今一番容易になってるんじゃないでしょうか。

 

僕はちなみに、今はバラエティしか聴いてません。

若かりし頃は深夜のFM音楽番組とか、「山下達郎サンデーソングブック」とか、「ジェットストリーム」とか、「AVANTI」とか、オッサン殺しの番組も聴いてたんですけどもね。

 

今聴いてる番組の紹介です。一応月曜~日曜でソートしてます。

  1. ダイアンのよなよな...(Mon. 22:00-25:00 ABC)
  2. 東京ポッド許可局(Mon. 24:00-25:00 TBS+ネット局)
  3. JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力(Mon. 25:00-27:00 TBS+ネット局)
  4. Creepy NutsのオールナイトニッポンZERO(Tue. 27:00-29:00 ニッポン放送+ネット局)
  5. アルコ&ピース D.C.GARAGE (Wed. 24:00-25:00 TBS+ネット局)
  6. ハライチのターン!(Thu. 24:00-25:00 TBS+ネット局)
  7. 髭男爵山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(Fri. 21:00-21:30 YBS,ポッドキャスト)
  8. JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD(Fri. 25:00-27:00 TBS+ネット局)
  9. 三四郎のオールナイトニッポンZERO(Fri. 27:00-29:00 ニッポン放送+ネット局)
  10. オードリーのオールナイトニッポン(Sat. 25:00-27:00 ニッポン放送+ネット局)
  11. 極楽とんぼ 俺たちちょこっとやってまーす(Sat. 25:20-25:50 MBS)
  12. TENGA presents Midnight World Cafe TENGA茶屋(Sat. 25:30-26:30 FM Osaka+ネット局)
  13. ミキの兄弟でんぱ!(Sun. 13:00-14:00 KBS)
  14. 有吉弘行のSunday Night Dreamer(Sun. 20:00-21:55 JFN+ネット局)
  15. 霜降り明星のだましうち!(Sun. 27:00-28:30 ABC)
  16. 土020(月一Sat. 24:20-26:00 MBS)

各番組について何か書こうと思ったけど、「楽しい」「面白い」という感想ばっかになるのがバラエティ。諦めてください(僕を)。

 

 1.ダイアンのよなよな

冒頭は大体天気の話、時事についてはテレビで得た知識から深掘り気分で超浅瀬でパチャパチャ話している印象でイライラするくらい一般的おじさんトークになりがち。

でも、面白い方向にギアが入るとすごい楽しい。

ネタコーナー、楽しい。予備知識必要でくどくなりがちなので、人を選ぶと思った。

ラジオ局を超えて、アルコ&ピースD.C.GARAGEで軽くやりあったことでほんのりと話題になった番組(勇者ああああで軽く取り上げられる)。

 

2. 東京ポッド許可局

大したことない話題について、経験と理屈で話す、いかにも「話芸」って感じ。うさんくさくもIQ高めで、ゲラゲラ笑える番組じゃないけど、物事のおかしみを掴みだす。ポッドキャストオンリー時代から聴いています。

食べ物の話題で大体エキサイトする。10分どん兵衛で話題になったり、テレビに企画「おかずJAPAN」を剽窃されたりした番組。

3. JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が、自分を「ラジオDJ」という肩書を背負って外さない理由となっている番組。20年以上この時間に放送していて、いろんな伝説を生んでるけど、僕が書くのも変な話なのでウィキペディアをどうぞ。

この番組聴いて当初、作家の渡辺さんが必要以上に「ワハハハ!」という笑い屋をやっていて、本当に耳障りだなと思っていたのですが、今も全然耳障りです。

本当、これだけで聴きたくなくなる人、おると思う。聴くけど。

 

4. Creepy NutsのオールナイトニッポンZERO

あんま真剣に聴いてませんし結構飛ばします。ギャフン。

Creepy Nuts好きだったんで惰性で聞き始めました。「(実際にAMラジオリスナーであることも含め)自分たちはAMラジオ的である」ということを押して始め、実際AMラジオ的立ち振る舞いの沼から足を取られて動けなくなってる感があります。

オードリーのANNと縁がある番組。

 

5. アルコ&ピース D.C.GARAGE

アルコ&ピースのANN一連終了後にはTBSで始まった番組。生放送での連動感が結構キモだった前番組に対して収録になってるため、正直パワーダウン感は否めないと思ってる。聴収率週間のときだけ生放送になります。でも面白いです。


6. ハライチのターン!

アルコ、うしろシティ、ハライチという若手ホープ1H番組が同時期にスタート、その一角。僕はうしろシティのラジオは聴いていない(4回だけ聴いた)。

この形態で一番向いている番組だと思った。面白さが安定してます。

岩井さんが浅田真央にうっかりしたこと言って軽く炎上するなど。


7. 髭男爵山田ルイ53世のルネッサンスラジオ

無職中年男性が集まるラジオ。リスナーが自ら”檀家”と呼ぶ宗教ノリがある。

奇跡の10年目突入。文化放送制作で、地上波放送は山梨放送のみという、謎の飼い殺しムーブをし続けている。ポッドキャストのほうがいろいろ加わって放送時間が長いので、もはや山梨放送リアルタイムで聴く意味あるんかしら。


8. JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD

もちろん面白いんだけど、バナナマン設楽による、ちょっとシャレオツなことやってる風自己演出力のえげつなさにやられるのだと思う。「女性が聴いてるんだな」ってことが体感できる。


9. 三四郎のオールナイトニッポンZERO

ZEROグループで驚異の長寿番組になりつつある。にもかかわらず、面白さ自体驚異の不安定だと思いますけどどうですか。「面白くなさ」自体を「バラエティのお約束」からの逸脱ってことで面白さに変換できるというタレントパワーの強さを味わえます。


10. オードリーのオールナイトニッポン

すごい面白いし、同じ話を何回でもする。コーナーは提供企業ニチレイによる必須なもの以外は流動的。フリートークが3/4くらい占める。


11. 極楽とんぼ 俺たちちょこっとやってまーす

吠え魂以来の極楽とんぼラジオ番組が大阪の片隅で。番組タイトルのダサさはMBS伝統なんですよすいません。


12. TENGA presents Midnight World Cafe TENGA茶屋

ケンドーコバヤシ、アインシュタイン、紗倉まな出演。大阪収録なので、大阪のよしもと若手がちょくちょく出てくる。ケンドーコバヤシ面白い。それぞれ立ち位置あって楽しい。

河合ゆずる伝説が話されると、アインシュタインのウィキペディアが更新される。


13. ミキの兄弟でんぱ!

こんな仲よさげなもんかね。ミキ。


14. 有吉弘行のSunday Night Dreamer

ガンガンフリートークする番組でなくて、後輩アシスタントと混ぜたときに、その場で何を起こしていくかの緊張感とか爆発感とかがメイン。コーナーには美人のしょんべんが頻出する。

有吉弘行が風俗でのプレイ中、風俗嬢の肛門からニラが出ていたのを、口でそっと引き抜いた話で息止まるくらい笑った。


15. 霜降り明星のだましうち!

よしもと若手ホープのラジオ番組。去年秋スタートだけどすでに安定期に入ってる気がする。粗品さんはややこしい。


16. 土020

笑い飯・小藪一豊のゴー傑Pを引き継ぐラジオ番組。月1大体月末放送。今の所かっちりコンセプトも決まってないけどかなり面白い。検索しにくい。

 

大体のもんがYouTubeで聴けたりしますので、よろしければご参考に。