がんばらないTURBO

元不登校かつ人苦手マンなもんで、大体うらみごとと考えごとをしている。そしてブログにまとめる。音楽、お笑い、e-Sports、本、投資、うすぼんやりした美術鑑賞。

飲み物は水道水がとてもよいという話

f:id:yagi_ttm:20180925144317p:plain

スポンサードリンク

   

 

水は上水道で買うと安いというのに

飲んでますか。

飲んでるんですかね。水を。

 

楽天の適当なサイトで日用品をガチっと買っている人間なのですが、大体ドラッグストアの売上上位にクリスタルガイザー500mlがランクインしてて、世間の水ニーズを日々感じているところです。この辺何の気持ちも込めずに書いています。

なんで買って飲むのか。水を。

「水道水は味がちょっと」って言ってる人と話したことあるけど、お茶沸かすのもラーメン茹でるのもコーヒー入れるのも水道水ですやんか。口に入る可能性を考えたらお風呂の水だって水道水を使えない。

前提として上水道は人がそのまま飲める水を提供しているんだから、水道水を飲まない理由があんまりよくわからんかった。 

ていうことで、一回水道水を飲料水として普段遣いすることについて調べました。

 

水道水の安全性

まず「水道水がそのまま飲める国は日本を含めても世界ではかなり少ない」というのを聞いたことがあるので、そのへんのソースを当たった。

平成16年版、厚生労働省による「日本の水資源(PDF注意)」によると、世界で15カ国が明確に水道水をそのまま飲める国であって、その他現地的に飲めるような国もあるようです(最新版日本の水資源をざっと読んだけど世界との比較が載ってなかったので、現在は不明)。

数少なく、そのまま飲めるように調整した水を消費せず、飲料水の購入を続けると水質を保つための予算も削られていったりするかもしれん、とか思ってしまう。ただでさえ日本、インフラのためにあんまり金出さん国だしさ。

 

水道水の値段

安いよ水道水。0.1円/1Lくらい。

ケンコーコムのクリスタルガイザーがいくら48本2200円くらいとはいえ、24Lしかない。てことは1L100円切る程度ってことですな。

100円ローソンとかスーパーに行くと、マックスで68円/2Lを見たことがある。キリのいいところで30円/1Lだったとしても、200~300倍以上の値段の差がある。出先ならともかく、家で500mlのいろはすのペットボトルを開けるということは、「自炊面倒くさいから吉野家の持ち帰り買ってきました」と比にならないくらいの贅沢をしている、ということになりますわね。

 

ミネラルウォーターの環境負荷

日本語字幕あります。リスニングできる方はそのまま(尊敬)。

 

まあ僕、こういうアメリカンで恣意的な主張を素直に「なんと!これが”真実”だったのか」って思うほど若くはないのですが(特に安全性のくだりや”事実を隠す”とか言うあたり)、それでもまあ、どう考えたってボトルに入れるための石油や、ボトルを作るための石油、運ぶための石油は水道水が口に入るまでよりは素人考えでも消費しているのは明らかですしね。

あんまこういうエコでロハスなことは言いたくないけど、単純に安全で安いんだったら水道水でよいと思った次第であります。

 

まとめ

現状、蛇口をひねったら出てくる水がそのまま飲めるので、水をペットボトルで買う理由ってあまり見当たらないと思うのです。

僕は相当味と匂いに敏感なほうですけども、水道水苦手論者のいう「ニオイがちょっと」というのを感じたことないんですね。まあお土地柄かもしれませんけどもね。

そして、実際にペットボトルの水を消費することで発生する環境負荷を思えば、水道水をそのまま飲料にするのは、何もかも効率的であると思っています。

実際僕は、家ではピッチャーに常に水道水を汲んで冷やしていますし、夏場出かけるときには冷水を水筒に入れて持ち歩きます。

つっても、人前で水筒に入れた水道水をガブガブ飲むのは、あんま社会的な感じがしないので、格好つけるためだけに自販機で飲み物を買うこともあるんですけどね。僕の環境保全意識は、まあその程度ではあります。その程度なんですけど、諸々考えても、やっぱり水道水が飲み物の中で最強だと思います。安く、おいしく、健康に良くて、環境にもいい。

抵抗がない方や、なんとなく出先で水を購入していた方には、ぜひオススメしたいです。